工務店新聞 工務店新聞

タケイ〜エネルギーパス〜

世界基準の家づくりで施主の快適な暮らしを実現

世界時基準の家づくりを行うために欠かせないのが、「家の燃費」です。

タケイでは家づくりの際に「エネルギーパス」というものを用いて、家の燃費を算出しています。

今回は、このエネルギーパスついてご紹介します!

 

エネルギーパスとは

エネルギーパスとは、EU全土で義務化されている「家の燃費」を表示する証明書。
EUでは一年間を通して快適な室内温度を保つため為に必要なエネルギー量が明示されています。床面積1m2あたり○○kW時必要という形で数値化されており、誰でも簡単に家の燃費を確認する事ができます。

例えば、30kW時/m2の燃費性能をもつ床面積100m2の家の場合、一年間で必要な冷暖房エネルギーは3000kW時です。この家のエネルギーを全て灯油で賄う場合は一年間で300Lの灯油が必要です。(10kW時の電気は1Lの灯油と同じエネルギー)※1

スクリーンショット 2016-08-23 18.30.58

 

家の燃費、把握していますか?

エネルギーパスの普及しているヨーロッパでは、「うちは○○kW時/m2だよ!」とすぐに答えが返ってきますが、残念ながら今の日本ではこの質問にはっきりと答えられる方はいらっしゃいません。
EU全土では2008年より、エネルギーパスの表示が義務化されました。光熱費や水道代だけではわからない、その家の「燃費」を定量的に示すことにより、性能の高低を一目瞭然でお客様に伝えることができます。

「電気代は月に1万円、ガス代は・・・」と実際の光熱費をこたえられる方はいらっしゃいますが、これは燃費性能ではなく、実際に支払ったエネルギー価格。車でいうと月のガソリン代を答えているようなものであり、○○km/Lという「燃費性能」とはちょっと違います。

スクリーンショット 2016-08-23 18.29.03

 

ガソリン代は走り方や運転する環境やガソリン価格によって大きく変動するものです。

極端な例では、同じガソリン代が月5,000円でも、一ヶ月に200km走っている場合と、800km走っているのかで燃費は何倍も違います。

ガソリン代だけを聞いても、車自体の燃費性能を把握することはできません。

同じ理由で月々の光熱費を聞いても家の燃費を正確に知る事は出来ません。

住人が暑さ寒さを我慢するほど、省エネ性能の高い家という事になってしまいます。

我慢しなくても省エネ性能の高い家こそが、世界基準の高性能住宅です。

スクリーンショット 2016-08-23 18.29.18

 

2011年7月に、日本でも「家の燃費」を表示する為に、日本エネルギーパス協会が発足し、ここにタケイも加盟。

日本版エネルギーパスの発行が始まりました。

今後は「家の燃費」が日本においても欠かせないものになっていくことでしょう。

 

会社概要

■社名      株式会社 タケイ

■住所      〒700-0954 岡山市南区米倉123-7

■電話番号    0120-713-901

■ホームページ  http://www.k-takei.co.jp