工務店新聞 工務店新聞

タケイ〜車を低燃費に?家を低燃費に?〜

もっとLOW-E HOUSEを知る

車を低燃費とするように、家も低燃費化を図るLOW-E HOUSE。

3つのポイントに触れながら、より詳しくご紹介します。

 

「エネルギーパス」で基準をクリアに

EU加盟国では、「家の燃費」 の証明書が義務付けられています。

それが「エネルギーパス」です。

家の「燃費」とは少し聞き慣れませんが、自動車と同じく、1年間の住環境維持にかかるエネルギー消費量を「kWh/平方メートル・年」で示すものです。

この統一規格により、消費者は住宅を選ぶ際のコスト面での比較が極めて容易となっています。

下の図は、タケイで建築済みの、実際のエネルギーパスです。

special_07

 

赤枠の中に記載されているとおり、この住宅の必要エネルギーは81.6「kWh/平方メートル・年」となっていて、日本の高性能省エネ基準である、次世代省エネルギー基準(平成25年基準)の約1/3のエネルギーしか必要としない建物になっています。

この事実は、決してLOW-E HOUSEの建物の性能が良いといった話ではなく、日本の省エネ基準が「ゆる過ぎる」ということに他なりません。

special_15

 

 

日本と欧米の家の違い

なぜ日本人が、「省エネ性能を上げると健康で快適になること」を知らないのか。
そもそも石づくりの建物が発展してきた欧米と、木造で夏の湿気を逃すために柱と柱の間を広く取った家が当たり前だった日本では住宅についての考え方が違います。
石づくりなど閉じられた空間が基本の欧米では、冬は暖房を使って空間全体を暖めます。

対して開かれた空間が基本の日本は、いろりなど「火に当たる」という暖の取り方が主流でした。

火に当たる正面は暖かいけれど背中は寒い。

しかし、これでは、健康に悪影響を与えます。

暖かいと血管が開いて血圧が下がりますが、冷たいと血管が収縮して血圧が上がります。

日本人の暖の取り方は、体に低血圧と高血圧を併存させるような行為です。

 

 

 

人にも環境にも優しい家づくり

環境先進国ドイツでは「パッシブハウス」といった家づくりに注目が集まっています。
1996年に設立された機関が推進している家づくりの手法で、太陽光や風などの自然エネルギーを有効利用し、暖房負荷、エネルギー消費量、気密性能、そして環境配慮型のデザインといった点まで基準を設けています。

国策では段階的に住宅の方向性が変わって来ますが道は多岐に分かれています。
その中で、タケイは高断熱・高気密化+パッシブデザインを提案しています。
高性能省エネ機器に完全武装された住宅がこれからの家、ローエネルギー(ゼロエネルギー)と考えられないからです。

真にひとに優しく、次の世代に受け継がれる家を作りたいと考え、家づくりと向き合っています。

special_36

 

会社概要

■社名      株式会社 タケイ

■住所      〒700-0954 岡山市南区米倉123-7

■電話番号    0120-713-901

■ホームページ  http://www.k-takei.co.jp