工務店新聞 工務店新聞

高橋建築 〜天然木が息づく住まい 和室編〜

木材を知ることで表現できる「和」の空間

フローリングに押され一時は数が減ったものの、ここ最近、その魅力に注目が集まっている和室。

年配の方はもちろんですが、若い方も和室を設ける方も多く、しつらえ、用途も実に様々です。

長年、「木」と向き合うことに重きを置いてきた高橋建築では、木材を徹底的に知り尽くすことで、日本古来の工法・技術・知恵を生かした「和」を感じる家づくりが可能だと感じています。

高橋建築が手掛けた自慢の和室をご紹介いたします。

01

本物の木だから伝わる上質空間

自然素材の温もりに包まれた和室。

その中でも、ポイントとなってくるのが天井や廻り縁、柱など、随所に用いられている木材です。

本物の木が醸す居心地のよさが、和みの空間へと導いてくれています。

02

また、高橋建築で用いる木材は、月日をかけた天然の木材。

生きた木が呼吸をすることによる「調湿効果」で、暮らす人と共に快適に生き続けることができるのも特徴です。

03

長きにわたって木に携わり、木の個性を知り尽くしているからこその提案で、豊かな木のある暮らしをサポートしていきます。

気になることがあれば、ぜひご連絡くださいませ。

 

会社概要

■社名      株式会社高橋建築

■住所      〒710-1102 倉敷市茶屋町早沖803番地

■電話番号    086-428-1505

■ホームページ  http://www.takahashi-kinoie.co.jp/index.html