工務店新聞 工務店新聞

高橋建築 〜天然木が息づく住まい サニタリー編〜

フローリングや天井材に木を取り入れたリビングや寝室は、よく目にしますよね。

では、浴室・洗面所・トイレといった、サニタリーエリアはどうでしょう?

takahashi_01

長い年月をかけて大きくなった天然の木材は、粘りが強く強度に優れています。

さらに呼吸をすることによる調湿効果で、暮らす人とともに快適に

生き続けることができるんです。つまり、良質な木材は、湿気を伴う

サニタリースペースにも適しているということになりますね。

 

それでは実際、どのような事例があるのか見ていきましょう。

takahashi_02

天井と洗面台の収納に木材を取り入れることで、無機質になりがちな
サニタリースペースが柔らかい印象に仕上がっています。

takahashi_03

水撥ねの気になる洗面台にはタイルを施し、

デザインにもメリハリを効かせています。

takahashi_04

洗面コーナーにさりげなく木を採用することで、

ナチュラルな雰囲気をプラス。

 

リビングやダイニングに木を使用している場合は、サニタリーにも木材を

取り入れることで、空間により統一感が生まれます。

ナチュラルなテイストが好きな方や、自然の香りに包まれて癒されたい方は、

ぜひ木材の魅力を知り尽くした高橋建築へご相談ください。

 

〈 会社概要 〉

■社名      株式会社高橋建築

■住所      〒710-1102 倉敷市茶屋町早沖803番地

■電話番号    086-428-1505

■ホームページ  http://www.takahashi-kinoie.co.jp