工務店新聞 工務店新聞

小林工業 〜岡山市北区に完成!まさに「ロハスな家」〜

岡山市北区で、小林工業の住まいが新たに完成しました。

542BDE21-51F6-4297-A8A8-02D575CEA384

いつまでも気持ちの良い白さを保つ外壁の秘密は、スペイン漆喰に施した「撥水処理」。

「アップルゲートセルロース吹き付け断熱」は高断熱と省令準耐火構造を実現しています。

小林工業の定番ともいえるロハスな家。

ところで、“ロハス”って……?

そんな方のために、少しだけ概要をご説明します。

 

ロハスな家ってどんな家?

明治32年に創業した美作市の小林工業が提案する「ロハスな家」のコンセプトは、

「自然に感謝し、自然に寄りそって暮らす」。

建物全体に厚い吹き付け断熱をほどこし、断熱性や気密性で次世代省エネ基準を

はるかに上回るレベルを実現しています。

こうすることで、最低限のエネルギーで家全体を快適な温度に保つことができるのです。

また、格安の深夜電力を有効活用する蓄熱暖房機を導入することで、

寒い冬でも24時間快適な空間を維持します。

環境への配慮である「エコロジー」はもちろん、家計に優しい「エコノミー」でもあるんですね。

 

また、自然の素材をふんだんに使った家は木の香りに溢れ、室内の空気感が違います。

木の香りは森林浴と同じようにリラックス効果や殺菌・抗菌力が認められていて、

材木として使われている木もその力を失うことはありません。

 

さらに、地元産の建材を使用することで、運送コストやCO2の削減にも貢献しています。

つまりロハスな家とは、たくさんのエネルギーを使わなくても年中快適な室内環境をつくり、

家から出るCO2の排出量もおさえた、人にも環境にもやさしい家のことなんです。

 

ロハスな家で健康に暮らす

スクリーンショット 2016-08-23 18.15.48

今回岡山市北区で建てられたお家でも採用されている

「アップルゲートセルロース吹き付け断熱」は、自然の木の繊維を使った断熱材。

それに対して一般的な断熱材は、ほとんどが化学物質で作られたものです。

化学物質で作られた資材はホルムアルデヒドを多く含み、アレルギーの原因にもなると言われています。

 

せっかく建てる家、健康被害の可能性は少しでも下げたいと思うのではないでしょうか?

家の7割近くを占めると言われる断熱材に自然素材を利用することで、

身体にも環境にも優しい家づくりを可能にしています。

 

この度、会社パンフレットが新しく生まれ変わった小林工業。

ロハスな家についてもっと知りたい方は、是非取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

〈 会社概要 〉

■社名      株式会社小林工業

■住所      〒707-0045 岡山県美作市巨勢2440-1

■電話番号    0868-72-1882

■ホームページ  http://koba-i.co.jp/