工務店新聞 工務店新聞

おかやま住宅工房 〜『白と黒のプレファレンスな家』完成見学会が行われました〜

12月15日(土)・16日(日)の2日間、新京橋にて

『黒と白のプレファレンスな家』完成見学会が行われました。

 

焼き板の映える和風モダンな

『白と黒のプレファレンスな家』の見どころと、

おかやま住宅工房が扱う焼き板の魅力をご紹介します。

 

白と黒のプレファレンスな家

4756E3CB-973F-4AFF-BB8C-80057FDBCAE4

趣味のロングライド用ロードバイクも保管できる

収納スペースを広くとった玄関。

 

所蔵されている7000冊以上の書籍や

DVD・BDを収められる大容量の小屋裏収納。

 

キッチンに設けた広いパントリー。

 

豊富な収納で、スッキリ片付く住まいになりました。

 

他にも、おじいさまの書軸を掛ける和室の飾り棚をはじめ、

布団を干すこと、遊び場、スタディスペースとしての

利用を考慮して広くした2階の廊下、

将来趣味の部屋としても使えるよう

柔軟に間取りを変更できる子ども部屋など、

参考にしたいポイントが盛りだくさんの家を

見学することができました。

 

岡山の気候風土になじむ 本焼き板

997F9656-06D7-48F5-B0F7-5E76863BBCF4

焼き板として、よく使われるスギの木。

中心付近の部分は特に水に強く、外壁や塀として

使い方を守れば100年は持つと言われています。

 

このスギの赤身の表面を焼いて炭化させると

炭でコーティングされた状態になり、

さらに耐水性・耐久性が高まり長持ちするのです。

 

岡山は、焼き板の家が特に多いことで知られています。

 

岡山の海沿いの地域は、

水はけが悪く湿気の多い土地でした。

そのため、焼き板は家を長持ちさせるために欠かせない

気候風土になじむ建築材料として

古くから生活を共にしてきたのです。

 

おかやま住宅工房が用いるのは、昔ながらの本焼き板。

炭化層が格段に分厚く、

焼き板本来の味わいや性質が存分に発揮される

おかやま住宅工房の家で暮らしてみませんか?

 

同社の家づくりが気になるという方は

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

〈 会社概要 〉

■社名      株式会社 おかやま住宅工房

■本社      〒700-0853 岡山市南区豊浜町13-66

■ホームページ  http://ojkobo.co.jp