工務店新聞 工務店新聞

ミナモト建築工房~未来と地球のための家づくり~

暮らしに自然と潤いをもたらす「自然をいかす7つの取り組み」

 

ミナモト建築工房の家づくりは、未来の地球づくり。

こんな壮大な目標に、自社のミッションとして本気で取り組む、ミナモト建築工房はそんな工務店です。創業社長の青江源家さんは、幼い頃から感性鋭く、人間だけでなく動物や植物の命についても本気で考え、命が語り掛けてくることを感じてきたそうです。建築に携わるようになっても、命を守る家のあり方や、地球を守る会社のあり方を模索してきました。

岡山市北区問屋町の南に位置する本社ビル「くらしのたねビル」は、ミナモト建築工房の「自然をいかす7つの取り組み」を体感できる21世紀型のオフィスビル。スクエアフォルムがモダンな3階建てのビルは、①屋上・壁面緑化、②風車、③雨水タンク、④駐車場緑化、⑤菜園・井戸、⑥残材・薪ストーブ、⑦ビオトープ・蛍という、暮らしに自然を取り入れるミナモト建築工房の7つの提案を盛り込み、1階フロアは発表会や料理教室のために貸し出すなど、一般の方にもひらかれた空間となっています。

 

 

「ハチドリ」に学ぶ、地球のためにできること

 

人が環境にやさしく快適に暮らす工夫がつまっている「くらしのたねビル」。このビルは世界規模で問題となっている地球温暖化に、工務店として「今できること」は何か、ということへのミナモト建築工房のひとつの解でもあります。ベースとなった考えは「ハチドリのひとしずく」という南米の物語。

森が火事になり他の動物たちがすべて逃げ出したときに、ただ一羽のハチドリだけがひとしずくの水を火に注ぎ続けたというお話です。体長わずか1cm、世界で一番小さい鳥ハチドリは、他の動物たちに「そんなことをして何になる」と嘲笑されても、「今じぶんにできることをしているだけ」と言って水を注ぎ続けます。ミナモト建築工房は、このハチドリのように、地球環境や未来の地球のために家をつくる、そんな工務店でありたいと考えています。

 

 

 

会社概要

■社名      株式会社 ミナモト建築工房

■本社      〒700-0976 岡山市北区辰巳14-101

■ホームページ  http://www.minamoto-k.com/