工務店新聞 工務店新聞

倉敷木材~木を通じて豊かな暮らしを提案する~

創業以来、一貫した「豊かな暮らし」の提案

倉敷木材は明治40年の創業以来、私たちの生活とは切っても切れない関係にある「木」を扱ってきた会社です。住宅の建築、不動産の関連部署の立ち上げは1972年。住宅設備やアルミサッシ・木工家具等、さまざまな住まいの関連商品を扱う「暮らしの相談センター」として活動してきました。2012年には、多様な暮らし方に対応するためにリフォーム部門を立ち上げるなど、幅広い活動を展開しています。

それはあたかも「くらしの樹」という苗木が、時を経て根を張り、幹を太らせ、さらに枝葉を広げたようです。倉敷木材は、地域の人々に「木と共にある心豊かな暮らし」を提案し続ける、堂々とした大樹を目指しています。

 

 

 5つの家づくりスタイルで、幅広いお客さまに対応

 

倉敷木材の家づくりは、自由設計のフルオーダータイプとお好みの内外装材をセレクトしていくセミオーダータイプの2種類。

フルオーダーの「FREE STYLE」は細部にまでわたって、完全自由設計なので木の暮らしが好きなこだわり派の方に好評です。

セミオーダー「MUKUの家」は、〈ナチュラル〉・〈スカンジナビア〉・〈ジャパン〉・〈匠〉の4つのタイプからお好きなものをセレクト。規格化することで上質な材をコストを抑えて使え、「手の届く、こだわりの木の家がほしい」という子育て世代を中心に好評な住まいです。

 

 

満足をカタチに、ひとり一人とじっくり向き合う家づくり

 

営業スタイルは「営業しないこと」。倉敷木材は、地元のお客さまを中心に紹介と自社開催のイベントを通じての「ご縁というスタイル」で家づくりを続けてきました。

紹介が多いことは顧客満足が高い証拠。「満足をカタチにする」「家族の物語をつくる」をモットーに、一人ひとりのお客さまとじっくり向き合う住まいづくりを行っています。

お客さまの思いをカタチにするために、打ち合わせは日常のささいなことまできめ細やか。たとえば「片づけられない」という悩みを持つ方と一緒に、「片づけられない原因」を考え、「片づけられるようになる家」をつくる。「椅子の背に上着をかける夫のくせを何とかしたい」という奥様と一緒に、解決方法を考え、「気になるクセが解決する家」をつくるなど、お客さま一人ひとりとじっくり向き合って、思いや夢をカタチにしていきます。

また、女性スタッフが立ち上げた『女性限定家づくり研究所』は、家づくりを考え始めた方のための、女性視点での分かりやすい家づくり解説として好評。このような幅広い営業スタイルもクラモクの特徴です。

 

 

会社概要

■社名      倉敷木材株式会社

■本社      〒710-8581 岡山県倉敷市中島1000-1

■ホームページ  http://www.kuramoku.com/