工務店新聞 工務店新聞

ミナモト建築工房〜お客さまの立場に立った提案〜

お客さまを理解し、新しい提案を行っていく

 

ミナモト建築工房の家づくりでは、「自分だったらどうか?」がすべてのスタート地点です。20代前半の社員でも、「自分の家づくりならどうするか?」それを徹底的に考え、資金・設計・スケジュールなど実現可能なところまでの詳細なプランニングを行います。それはお客さまの立場になって、気持ちを理解するためのステップ。自分の家づくりに置き換えて考えることで、本当にお客さまの気持ちを理解できる、と考えています。

最近では、結婚と同時に家づくりを始める「ハネムーンからマイホームへ」という提案や、自社ビルに設けた和個室でのお見合い開催など、少子化問題にも取り組んでいます。

「15年経って良さが分かる家」「500年後の岡山のことを考えた会社経営や家づくり」「自分だけよくても、周りや子孫に害がある家は、いい家とはいえない。」

未来を考え、お客さまを考え、さらにお客さまの子孫や地球のことまで考える、それがミナモト建築工房の家づくりです。

 

 

住宅の主治医をめざす「マン・ツー・マン工法」

 

ミナモト建築工房では建築士の資格を持つ社員が窓口となり、一貫してお客様を担当する「マン・ツー・マン工法」を取り入れています。営業、現場監督、設計という分担はなく、土地探しから資金計画、設計、現場管理、アフターサービスまで、一人の担当者がすべての工程を担当。工程ごとの引き継ぎがないので、家づくりがスムーズに進み、追加や変更のオーダーもすぐに反映できます。

担当者だけでは解決できない問題は、社内全員で相談し、その分野のエキスパートがフォローする合議制。ずっと同じ担当者なので話がしやすく、信頼関係も強固になる、心の奥にある言葉になっていないような希望なども汲み取ってくれる、とお客さまにも好評です。

 

 

 

家は建ててはじまる、あなたの物語をミナモト建築工房と一緒に描いてみませんか。

会社概要

■社名      株式会社 ミナモト建築工房

■本社      〒700-0976 岡山市北区辰巳14-101

■ホームページ  http://www.minamoto-k.com/