工務店新聞 工務店新聞

おかやま住宅工房〜心地良い暮らしのための工夫と技術〜

心地よく暮らすための、無垢の木の家

おかやま住宅工房では、内装に桧や杉や桐の無垢材をふんだんに用います。無垢の木は、家の一部となってからも常に呼吸をしていて、家の中の空気を調節してくれます。また木の肌触りや温かみは、日本人が古くから親しんで来た馴染みのある素材。自然とともに心地よく暮らす。そのためにおかやま住宅工房は無垢の木を選ぶのです。

さらに、おかやま住宅工房では、家の設計でもおかやまの自然とともにあることを心がけています。深くのばした軒はもちろん、窓や部屋の配置でも、太陽の光や風のそよぎなど、自然そのものを住まいへ取り入れるための設計を行っています。光や風を取り入れることにより、資源に依存しない省エネな生活が送れ、暮らしも心地よいものになるのです。

 

 

 

家づくりの高度な要求に応える実績と体制

おかやま住宅工房のお客さまの多くは、50代〜60代の建て替え世代。定年を機に家を建て替えて第二の人生を楽しみたい。あるいは高齢になった親と同居するための二世帯住宅にしたい。家づくりの動機はさまざまですが、多くの方に共通するのは「人生二度目の家づくり」ということ。つまり家への要求水準が多く、工務店に求められる知識や技術も高度。そのため、おかやま住宅工房では事務職以外は全員が有資格者。お客さまの高度な要求に応える人員体制を整え、技術アップや人材育成を行っています。

最近では、和モダンのテイストや、伝統的な深い軒や漆喰の壁といった家づくりに興味がある30代のオーナーさんからの相談も増加。また、不動産業者との提携による賃貸アパートの建築などもスタートし、おかやま住宅工房の家づくりはますます広がりを見せています。

 

 

心地良い暮らしのための自然素材と、それを扱う人達の高度な技術、その両方が揃うことでおかやま住宅工房の癒しの住まいが完成します。

家づくりのキッカケに、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

会社概要

■社名      株式会社 おかやま住宅工房

■本社      〒700-0853 岡山市南区豊浜町13-66

■ホームページ  http://ojkobo.co.jp