工務店新聞 工務店新聞

おかやま住宅工房〜体に馴染む自然素材 漆喰〜

おかやま住宅工房では、岡山の自然に逆らわず、ともに生きることを目指した家づくりを行っています。

今回はそんな自然素材の中から、「漆喰」をご紹介します。

 

おかやま住宅工房が用いる漆喰

おかやま住宅工房の住まいの外観は、本焼杉の黒と漆喰の白が特徴的。

そこには岡山の地で快適に暮らすための知恵が凝縮されています。

干拓地のため湿気が多いとされる岡山で、白く輝く漆喰は燃えにくく腐食に強いのです。

瀬戸内地方の気候風土で暮らす家には、漆喰が非常に大きな役割をもたらしてくれます。

本焼き杉の黒と漆喰の白が印象的

本焼き杉の黒と漆喰の白が印象的

 

快適な空間をつくる

漆喰の大きな特長のひとつが、夏の湿気や冬の乾燥を調整し、年間を通じて快適な湿度を保つ「調湿機能」です。

漆喰壁は「呼吸する壁」とも言われ、湿度が高いときは空気中の水分を吸収し、湿度が低いときは逆に水分を放出します。

また、漆喰壁の内部は強いアルカリ性のため、カビや細菌の発生を抑える効果もあります。

昔から蔵に漆喰が使われているのは、乾燥や湿気、カビなどから収蔵品を守るための知恵です。

 

そして、気密性が高い現代の住宅に起こりがちな、結露の発生を抑える効果も期待できます。
そして、のどの痛みやアレルギー症状を引き起こすとされるホルムアルデヒドの吸着分解機能、ホルムアルデヒドなどの化学物質を出さない点も注目されています。

スクリーンショット 2016-08-24 17.42.30

 

 

古からの自然素材!漆喰の力とは?

石灰を主原料とする漆喰の建築材料としての歴史は古く、飛鳥時代から今日まで、寺院建築や城郭、蔵の壁などに使用されてきました。

エジプトのピラミッドや万里の長城でも、石材の組積に使われているそうです。

スクリーンショット 2016-08-24 17.40.34

 

 

おかやま住宅工房では、漆喰を用いた家づくりについてさらに詳しくご案内してくれます。

ぜひ一度お問い合わせください!

 

 

会社概要

■社名      株式会社 おかやま住宅工房

■本社      〒700-0853 岡山市南区豊浜町13-66

■ホームページ  http://ojkobo.co.jp