工務店新聞 工務店新聞

ミナモト建築工房〜ハチドリのひとしずく〜

コンセプトの由来

ミナモト建築工房の家作りのコンセプトは「今私たちに出来ることは何だろう?」です。

実はこのコンセプト、ある民話が元となっています。

今回は、その民話についてご紹介します。

 

「ハチドリのひとしずく」

「ハチドリのひとしずく」という民話をご存知でしょうか。

南米のアンデス地方に伝わる話で、日本語に訳した単行本も販売されています。

スクリーンショット 2016-08-24 17.52.03

それはこんなお話です。

 

“森が燃えていました

森の生きものたちは 我先にと逃げていきました

でもクリキンディという名の

ハチドリだけは いったりきたり

くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」

といって笑っています

クリキンディはこう答えました

 

「私は、私にできることをしているだけ」

スクリーンショット 2016-08-24 17.52.54

 

 

 

火事になった森に小さなハチドリが1滴ずつ水を運ぶ、その「非力でも、今できることをコツコツ行う」精神を受け継ぎ、ミナモト建築工房の今日の家づくりにつながっています。

 

ミナモト建築工房の「今できること」

ミナモト建築工房は、ハチドリのクリキンディのように「自然のために今できること」を家づくりの中に取り入れています。

例えば、

◯自然の力を取り込む窓

◯長く住み続けられる可変性の高い間取り

◯効率的な通風・採光を考えた間取り

スクリーンショット 2016-08-24 17.54.27

 

自然の恵みを五感で感じて暮らす喜びに気付かせてくれる、ミナモト建築工房の家づくりはこれからも続きます。

 

 

会社概要

■社名      株式会社 ミナモト建築工房

■本社      〒700-0976 岡山市北区辰巳14-101

■ホームページ  http://www.minamoto-k.com/