工務店新聞 工務店新聞

倉敷木材〜「ZEH」への取り組み〜

倉敷木材の目指す未来の住宅

倉敷木材では、これからの住宅のスタンダードになると言われている、「ZEH」の住まいづくりにも取り組んでいます。

2020年までには新築の住まいの50%以上をZEHの仕様とすることを目指しています。

果たして、どんな住まいなのでしょうか。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-02-17-32-52 

 

ZEHとは

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、ムダを省く「省エネ」、太陽光発電などでエネルギーをつくる「創エネ」と、を組み合わせて活用します。

「高い断熱性」「設備の省エネルギー性」「創エネ」の3つのポイントを実現することで、住宅の年間の一次エネルギー消費量を実質0とすることを目指します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-02-17-33-12 

 

近い未来、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスが当たり前の世の中に

日本政府は、「2020年までにネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを標準的な住宅にする」と目標を掲げています。

その流れは日本に限ったことではなく、世界の至る所で低炭素社会を目指したネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの推進がなされています。

まさに、日常生活において無駄なエネルギーを排し節約に努めることは世界基準となってきています。

 

政府では、必要性などについて十分に検討した上で、2020年までに省エネ基準をすべての新築住宅に義務づける方針を掲げています。

また同じく2020年には標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとし、2030年には新築住宅の平均でネット・ゼロ・エネルギーを目指す計画です。
つまり住宅を取得するなら、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスが当たり前になる時代がもうすぐそこまで来ているということになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-02-17-32-41

 

自然に優しい人が損をしない世の中に

ゼロエネルギー化にはすごくお金がかかりそう!という印象の方もいると思いますが、太陽光発電システムなどでつくったエネルギーを電力会社に売電し、収入を得ることができます。

初期費用は多少かかりますが、建築費だけで判断せず、長期的な視点でZEH対応住宅と一般住宅にかかる光熱費などのコストを比較すると逆にお得になる場合もあります。

 

ZEHについては補助金等の制度もありますので、詳しくはぜひ倉敷木材までお問い合わせください!

 

会社概要

■社名      倉敷木材株式会社

■本社      〒710-8581 岡山県倉敷市中島1000-1

■ホームページ  http://www.kuramoku.com/