工務店新聞 工務店新聞

高橋建築〜どこにも負けない「本物の木の家」〜

本物にこだわる

高橋建築が求めるのは、十分に自然乾燥された「本物の木材」です。

木そのものにとことんこだわった「本物の木の家」を建てるため、山林に出向き、その山の環境を知った上で丸太の段階から木材を購入。

自社向上で製材・乾燥までを手掛けます。

img_0072

 

本物の木の家ができるまで

建築時には、一本一本異なる天然木のクセを知る熟練した大工職人が、“経験と技”を持って家づくりを手掛けます。

その山に生える木の性質を見極め、自分たちで加工し、木の特性を生かして施工を行って初めて、耐用年数が長く、年を重ねることで味わいが増す「本物の木の家」が完成します。

img_9686

img_8877

 

「本物」をお届けしたい高橋建築の想い

「本物の木の家」を作るのは、本当に大変なことです。

それでも高橋建築が、丁寧に一邸一邸作り上げる住まいには、「築数十年経ってから本当に高橋建築で建てて良かったと思って頂きたい」という想いがあるのです。

何よりもお施主さまに満足して頂けるように、いつまでも満足して頂き、ウソのない仕事で住まいづくりに取り組んでいきたいと考えているそうです。

IMG_0860

 

家づくりとお施主さまに対してのひたむきな気持ちが作り上げる「本物」。

それが、どこにも負けない高橋建築の「木の家」です。

 

 

 

会社概要

■社名      株式会社高橋建築

■住所      〒710-1102 倉敷市茶屋町早沖803番地

■電話番号    086-428-1505

■ホームページ  http://www.takahashi-kinoie.co.jp/index.html