工務店新聞 工務店新聞

タカ建築〜地震に強い住宅のこだわり〜

地震に負けない家づくり

2011年東日本大震災、2016年熊本地震と、日本全国に広がり続けている地震への不安。比較的災害が少ないと言われている岡山においても例外ではなく、いつ大きな地震が起こってもおかしくはありません。いざというときに家族を守り、資産を守ってくれる「住まい」が求められています。

タカ建築では、そんな地震に強く丈夫な建物の提案も行ってくれます。

%e3%82%bf%e3%82%ab1

 

基礎形状

地盤調査を行った後、地耐力に合わせた基礎の仕様を決定します。タカ建築では、強度の高いベタ基礎を標準施工。

 

柱頭・柱脚・筋交いの接合部の接合方法

地震時に家が倒壊する原因として柱の足元や頭部分が基礎や梁から引き抜かれてしまうという現象があります。。この“引き抜け防止”のため、軸組構造の接合部強度を高める、N値計算に基づいた金物を取り付けます。

 

耐力壁のバランス配置

建物の耐震性を確保するためには、耐力壁の量の確保とともに壁をバランスよく配置することが大切です。壁配置のバランス計算を行います。

タカ建築が採用しているSW(スーパーウォール)工法は、構造用合板OSBと断熱材を一体化し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、 変形量も筋かいの半分であることが耐力試験で確認されています。

%e3%82%bf%e3%82%ab2

 

災害への備えは、家づくりのうちからしておきたいものですね。

詳しくはタカ建築HPをぜひご覧ください。


会社概要

■社名      株式会社タカ建築

■住所      岡山市北区田中159-104

■電話番号    086-243-6384

■ホームページ  http://www.takaken-okayama.com/