工務店新聞 工務店新聞

タケイ〜高断熱・高気密化+パッシブデザインの家〜

環境先進国ドイツでは「パッシブハウス」という家づくりに注目が集まっています。

ヨーロッパ基準の住宅を岡山の地で展開しているタケイの家づくりについて、探ってみようと思います。

 

パッシブハウスって何?

パッシブハウスの基準について、1996年に設立されたドイツパッシブハウス研究所により規定され、その性能認定基準を満たす省エネルギー住宅を「パッシブハウス」と呼びます。

太陽光や風などの自然エネルギーを有効利用し、暖房負荷、エネルギー消費量、気密性能、そして環境配慮型のデザインといった点まで基準を設けています。

日本でも今までの家が見直され、国策では段階的に住宅の方向性が変わって来ていますが、その道は多岐に分かれているのが現状です。

 

人にも環境にも優しい家づくり

パッシブ

その中で、タケイは高断熱・高気密化+パッシブデザインを提案致しています。

高性能省エネ機器に完全武装された住宅が、これからの家、ローエネルギー(ゼロエネルギー)と考えられないからです。 真にひとに優しく、次の世代に受け継がれる家を作りたいと考えています。

タケイが提案するのは、エネルギーを極力使わず、一年を通して快適に過ごせる温度バリアフリー。

冬場、部屋や階ごとの温度差で起こる心疾患や脳卒中などの要因とされるヒートショックから、住む人を守る高い断熱性能を採用しています。

冬でも家の中を裸足で過ごせる快適さ。 部屋ごとの温度差も小さい為、部屋を移動するたびにエアコンをつけたり消したりするわずらわしさも無く、その暖かさにエアコンを消し忘れたと勘違いするお客様も少なくありません。

 

そんな住まいのためにタケイでは、アルセコ外断熱システムという内断熱と外断熱の長所を組み合わせた W断熱(ハイブリッド断熱工法)や、ダブルLOW-Eトリプルガラス(クリプトンガス入り) アルミサッシの約3倍の断熱性能を誇る 「トリプルガラス樹脂サッシ」を標準仕様にするなど断熱への取り組みを行っています。

 

高気密・高断熱の家やパッシブハウスに興味がある方は、タケイまでお問い合わせください。

 

会社概要

■社名      株式会社 タケイ

■住所      〒700-0954 岡山市南区米倉123-7

■電話番号    0120-713-901

■ホームページ  http://www.k-takei.co.jp