工務店新聞 工務店新聞

北屋建設〜長期優良住宅に関する取り組みは?〜

北屋建設が掲げる「長期優良住宅」とはどういったものなのでしょうか?

その意味や定義、北屋建設の取り組みについて、探っていきたいと思います。

 

長期優良住宅ってなに?

931d43988465f861f59abdc61cb383aa_s

長期優良住宅とは、平成21年(2009年)6月に定められた「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準をクリアしている住まいのことを言い、新築後の維持管理・メンテナンスのし易さも評価する点が特徴です。

 

北屋建設の取り組みは?

スクリーンショット 2017-05-29 11.22.46

日本の住宅の寿命は30年と言われていて、イギリスの77年、アメリカの55年に比べると短くなっています。これからは、これまでの「作っては壊す」成長型社会から、利用価値がある住宅を長く使っていくことが求められる方向へ変化していくと北屋建設は考えています。

また、長期優良住宅のように複数世代で使用することのできる住まいは、世代ごとの住居費の負担は軽くなるといえます。

このような考えから、北屋建設は全棟長期優良住宅を目指しています。

 

さらに、北屋建設は岡山の地域産材を使用し、より岡山の気候・風土にあった住まいをつくる「地域型住宅」にも、積極的に取り組んでいます。

地域のことをよく知っているからこそ、その土地にあった家づくりが提案できるというもの。気になること、相談したいことがある方は、北屋建設までお問い合わせください。

 

会社概要

■社名      株式会社 一級建築士事務所 飛夢房+株式会社 北屋建設

■住所      〒703-8282 岡山市中区平井7丁目18-15-11

■電話番号    0120-76-9523

■ホームページ  http://www.tombo-kitaya.co.jp/index.asp