工務店新聞 工務店新聞

タケイ〜一目でわかる「家の燃費」〜

「エネルギー消費量が低い」と聞いても、「低いってどのくらい?」「他と比べてどの程度?」など、実際にモデルハウスへ行っても体感では具体的に表すことができません。

実は、エネルギー消費量を表すには数値があり、それで実際に数字として目で見ることができるのです。

今回は、エネルギー消費量の値についてご紹介します。

家の燃費を表す数値「エネルギーパス」

EU加盟国では、「家の燃費」 の証明書が義務付けられています。

それが「エネルギーパス」です。 家の「燃費」とは少し聞き慣れませんが、自動車と同じく、1年間の住環境維持にかかるエネルギー消費量を「kWh/平方メートル・年」で示すものです。

この統一規格により、消費者は住宅を選ぶ際のコスト面での比較が極めて容易となっています。

人にも環境にも優しい家づくり

家の燃費1

図は、タケイで建築済みの案件の、実際のエネルギーパスです。

赤枠の中に記載されているとおり、この住宅の必要エネルギーは81.6「kWh/平方メートル・年」となっていて、日本の高性能省エネ基準である、次世代省エネルギー基準(平成25年基準)の約1/3のエネルギーしか必要としない建物になっています。

この事実は、決して弊社の建物の性能が良いといった話ではなく、日本の省エネ基準が「ゆる過ぎる」ということに他なりません。

家の燃費2

事実、日本のトップクラスの住宅でさえ、ドイツでは建築基準法ギリギリで建築できるかどうかわからないレベルなのです。

住宅や建物の性能の悪さがCO2排出量の増加を招き、地球温暖化といった世界的な問題を引き起こしているなか、日本は先進国の中でも排出量を増加しているわずかな国で、一人あたりのエネルギー消費量は、なんと世界平均の1.5倍となっています。

建物の省エネ化は地球規模で取り組んでいくべき問題なのです。

しかしながら現在、わが国でも住宅性能の基準が変わろうとしています。

タケイは日本の緩い基準で高性能住宅を目指すのではなく、ドイツをはじめとする環境先進国の「世界基準」で高性能住宅をとらえ、岡山の地で普及させていきたいと考えています。

省エネの家は、住む人にも環境にも嬉しいことがたくさんあります。

詳しく知りたい方はタケイまでご相談ください。

会社概要

■社名      株式会社 タケイ

■住所      〒700-0954 岡山市南区米倉123-7

■電話番号    0120-713-901

■ホームページ  http://www.k-takei.co.jp