工務店新聞 工務店新聞

まきび住建 〜高断熱で快適に過ごせる カフェスタイルの家〜

スキップフロアを使った意匠デザインから、

高気密・高断熱を用いた温度差の少ない快適なパッシブ環境設計まで、

トータルで空間デザインを目指した家づくりを続けるまきび住建。

そんな同社の魅力がたっぷり詰まった岡山市南区浦安のお家で、

5月20日(日)に見学会が行われました。

 

前回ご紹介した「なごみスタイルの家」と合わせて2棟同時に見学することができた、

「カフェスタイルの家」をのぞいてみましょう。

 

半吹き抜けとスキップフロアが魅力の「カフェスタイルの家」

0D1019D2-BC85-4AA0-821C-D195B4B0090E

天井の木の素材感と、レンガ調の壁紙、

つくりつけの時計や、壁に本を立てかけられる「見せる収納」など、

カフェのようなテイストでまとめられた空間。

 

90C567C9-0A01-4090-8E46-9960C9B77A0A

半吹き抜けの、明るく開放的なLDKからは、半地下の子供部屋を見渡せます。

 

CEF68B0F-1D9D-4388-8AD5-4F0F64898484

スキップフロア下の半地下は子どもたちの秘密基地。
お子さまが大きくなったら、収納スペースとして使うこともできます。

 

A5F765B6-BFCA-4AFA-8DC4-006A374C39AC

ホワイトでスッキリと統一されたキッチン。

背面にさまざまな収納をつくりつけることで

ペニンシュラキッチンにありがちな

シンクの上部を開放的に見せるために

収納が少ないというデメリットもクリアされています。

 

キッチンはリビングの本棚とは異なる「隠す収納」。

「見せる収納」と「隠す収納」どちらも取り入れたいというのが、

お施主様のご希望のひとつだったそうです。

 

D26A8F3A-F960-4D95-9008-0D88C2400F4E

ヘリンボーンのカラフルな壁と勾配天井がおしゃれな寝室。

枕元の窓で、ベッドから星を眺めることもできそうですね。

 

9EF38F5B-E806-4935-837D-B42BF2268F09

ホワイトとブラウンのコントラストが印象的な外観。

 

0BF0F721-4BBF-4A87-944A-24C9B842BFE0

お家を囲む、深い色合いウッドパネル。

玄関前はランダムに並べられてアクセントになっています。

 

ご主人のDIYで家づくりは今も進行中。

自分の手を加えた家は、思い入れもより深いものになることでしょう。

 

高断熱で設備に頼りすぎない暮らし

また、「なごみスタイルの家」と「カフェスタイルの家」は、

2020年を見据えた住宅の高断熱化を推進する、heat20 G2クラスの家。

 

半吹き抜けの1階は開放的な空間ですが、エアコン1台で快適に過ごせるそうです。

冷暖房設備に頼りすぎる必要がないのは、高い断熱性能のおかげですね。

 

まきび住建は、ZEHレベルの断熱性能を最低限として、

HEAT20レベル、パッシブハウスレベルと
住まい方やライフスタイルに合わせて快適な住まいを提案してくれます。

 

詳しくは、まきび住建までお問い合わせください。

 

〈 会社概要 〉

■社名      有限会社 まきび住建

■住所      〒702-8026 岡山市南区浦安本町89-9

■電話番号    086-264-3133

■ホームページ  http://soraie-design.com